専業主婦でも借りられるキャッシング

金利

主婦がカードローンを利用する際には、適用金利が利息制限法の上限金利の18%が課される場合が多いです(少額の借入の上限金利は20%)。

 

利用使途は定められていませんが、主婦の場合には、ムダにお金を使うのではなく、生活費を確保するために仕方なくカードローンの利用をするケースが多いと思うので、優遇した金利を課すべきだと思うのですが、お金の借入限度額が少ない人には高金利が課せられるのですから、消費者の立場にたって、融資をしているとは思えません。

お金

 

しかし、18%の金利は過去に比べますと、かなり下がりました。消費者金融会社が融資業務を始めた当時は、適用金利が100%を超えるような状態で、貸金業法でも認められていたのです。

 

しかし、多重債務の方が増えたり、自己破産者が増えることを抑えるために、現在の適用金利まで下がってきたのです。

 

これにより、利用者は一気に増えることになったのですが、一度カードローンを利用してしまいますと、借入れをする癖がついてしまい、限度額までは、ご自身の貯蓄のように散財をしてしまう人が増えて、必ずしも多重債務者が減ったとは言えないと思います。

 

10万円を借り入れて1ヶ月後に返済するならば、数千円の金利負担分で済みます。

 

金利は日割りで適用されますので、長い返済期間にすると、元本に対してどんどん金利が課されてしまいますので、できれば一括で早く返済することが大切ですし、分割払いの際には、少しでもお金に余裕ができた場合には、繰り上げ返済をすることをおススメします。