専業主婦でも借りられるキャッシング

総量規制

改正貸金業法により、総量規制という規制が設けられました。ご存知でしょうか?

 

カードローンやキャッシングを利用する方にとっては、とても大切なことなので、以下に説明します。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上の借入れができないというものです。実際に借りているお金ではなく、カードローン会社が定めている借入限度額で判断されますので、例えば年収が300万円で、借入金額が10万円だとしても、利用限度額が100万円であった場合には、基本的には、借入れをすることができないのです。

案内人

 

この規制が設けられた背景には、多重債務者や自己破産者を増やさないようにすることが目的です。

 

消費者の立場で設立した規制なのですが、この規制が適用された際に、年収の3分の1以上を借りていたような人にとっては、青ざめるような処置でした。この規制が施行された際に年収の3分の1以上の借入れがあった人は、すぐに余分な借入れを返済する必要はありませんでした。

 

しっかりと返済をすることを促すような規制だったのです。しかし、たくさんの借金があるような方は、返済することが難しく、ヤミ金に手をだすような人が多いのも事実です。

 

消費者の立場にたっているようで、一方、自己破産者を増やすようなことにもなってしまったのです。

 

しかし、年収の3分の1を借りているだけでも、返済をするためには、十分危険な状態です。お金を借りている人は、この規制を機にしっかり返済することを心がけ、これから利用しようと思っている方も、借入れの上限があることを知った上で、カードローンやキャッシングの利用をするようにしましょう。